本文へ移動

イネオス・チームUK:第36回アメリカズカップに向け、究極のレース用モノハル (単胴艇) を開発

オンデマンド・ウェビナー | 57 分

デジタル・ツインを活用して、より高度なイノベーションをより早く実現したイネオス・チームUKの事例を紹介します。

イネオス・チームUKの第36回アメリカズカップ1号艇「ブリタニア」

かつてアメリカズカップを制した伝説のセーリング・オリンピアン、ベン・エインズリー卿率いるイネオス・チームUKは、アメリカズカップの英国奪還を目指して2018年に結成されました。このウェビナーでは、イネオス・チームUKのチーフ設計者、ニック・ホルロイド氏をゲストスピーカーとしてお招きしています。

アメリカズカップは、世界で最も長く続く、最も高価な国際スポーツ優勝杯です。最先端の海洋技術、戦略的意思決定、セーリング技術を結集したレースヨットが激しく性能を競い合う場となっています。第36回アメリカズカップへの出場要件を満たすヨットの設計基準を定義するAC75クラスルールでは、複数の画期的なルールが導入されました。ヨットのタイプがマルチハルのカタマラン (双胴艇) から固定構成のモノハル (単胴艇) へと大きく変更されただけでなく、プロトタイピングと物理テストの制限が新たに導入されたため、チームはヨット開発で全面的にデジタル・ツインに頼らざるを得なくなりました。

アメリカズカップ優勝に向けたヨットの開発競争で、重要な鍵を握るのが"デジタライゼーション"です。今すぐウェビナーを視聴して、その詳細をご覧ください。