本文へ移動

エンド・ツー・エンドの統合型プロセスでアディティブ・マニュファクチャリング3Dプリントを産業化

オンデマンド・ウェビナー | 45 分

アディティブ・マニュファクチャリング3Dプリントの可能性について解説し、アディティブ・デザイン、エンジニアリング、製造計画、生産の機能を統合する堅牢なプロセスを実現する方法を紹介します。

シーメンスのアディティブ・マニュファクチャリング3Dプリント・ソフトウェアを使用してトポロジを最適化するエンジニア


このウェビナーでは、完全なエンド・ツー・エンドのアディティブ・マニュファクチャリング生産システムを構築して、この課題に真正面から対応するシーメンスの3Dプリント・ソフトウェアを紹介します。

  • アディティブ・マニュファクチャリング市場が試作から本格生産に移行している現状について説明します。
  • 緊密に統合されたシステムで、アディティブ・マニュファクチャリング3Dプリント・プロセスの複雑さを軽減する方法を紹介します。
  • アディティブの設計から製造までをシームレスにつなぐデジタル・スレッドの利点を確認します。
  • 市場の要求に応えるために、アディティブ・マニュファクチャリングが、持続可能かつ反復可能で高品質の産業プロセスへと移行する背景を解説します。

アディティブ・マニュファクチャリング3Dプリントに関するこのウェビナーは、以下の方々に最適です。

アディティブ・マニュファクチャリング3Dプリント・ソフトウェアを使用して事業、製品、プロセスの変革に取り組む設計者、エンジニア、アナリスト、メーカー。

シーメンスのAshley Eckhoffが、アディティブ・マニュファクチャリング3Dプリントのテクノロジーを専門家の視点からご紹介します。

Ashleyは、これまで20年以上にわたり、シーメンスのさまざまな事業に従事してきました。直近の3年間は (当初はNX製品マネージャーとして、現在は製造エンジニアリンググループのマーケティングマネージャーとして)、アディティブ・デザイン / マニュファクチャリングに深くかかわっています。

アディティブ・マニュファクチャリングの可能性を実現する鍵は、産業化されたアディティブ・マニュファクチャリング・プロセスを構築することです。このウェビナーは、アディティブ・マニュファクチャリングの最前線におけるシーメンスの取り組みと、シーメンス製品を使用してアディティブ・マニュファクチャリングの可能性を実現する方法を紹介するシリーズの2本目です。

Realize LIVE Europe | November 3-4, 2020 | Virtual

Realize LIVE Europe, registration now open

Realize LIVE Europe 2020 -  Register now to join Realize LIVE virtually

Don't miss your opportunity to participate in two days of engaging content, networking, and building those meaningful connections at the NEW Realize LIVE Europe virtual conference.



Enhance your knowledge and proficiency with the tools you have, learn from the thought leadership and customer stories that will help guide your organization's continued digital transformation.