本文へ移動

シリコン内臨床試験への移行: CFDを使用したバーチャルペイシェントでの医療機器の性能評価

オンデマンド・ウェビナー | 54 分

CFDシミュレーションと仮想患者を組み合わせた医療機器の性能のデジタル評価

マルチフィジックスシミュレーションの能力が高まるにつれて、完全にデジタル化された (「シリコン内」) 臨床試験の実施の可能性は現実味を帯びてきており、その結果、人体臨床試験の向上につながり、人体臨床試験の規模、期間、コストを削減する可能性が高くなっています。例えば、仮想患者を使用した医療機器の数値流体力学 (CFD) シミュレーションは、ベンチテストや動物 / 検体実験を補完する役割を果たしており、機器性能を現実に即して評価し、研究開発を加速させる強力なツールとなりえます。

仮想患者を作成する方法の1つは、実際の患者に実施されたCTスキャンまたはMRIスキャンを使用して3Dの人体構造形状に変換することです。統計形状モデリングは、平均的な、または最悪状態の人体構造を生成することで、このデータベースを強化することができます。このウェビナーでは、実際のさまざまな人体構造を表す仮想患者で、CFDによって最適化された血液透析カテーテルの性能を評価する方法について説明します。人体構造内でカテーテルの位置を変えて、性能効果を評価する場合などにも触れています。

学べる内容:

  • シミュレーションを実施することで、臨床試験の規模、期間、コストをどの程度削減できるか 
  • 「仮想患者」の作成方法と統計形状モデリングによって、仮想患者の価値がどの程度高くなるか 
  • 医療機器の性能および堅牢性を評価するために、CFDシミュレーションと仮想患者をどう活用すべきか


  • Javier Garriz - シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアマーケティング・マネージャー
  • Julien Deckx - Materialise、仮想患者ソリューション、プロダクト・マネージャー
  • Aaron Godfrey - シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、テクニカルスペシャリスト
ご質問はありますか?