CFDでハイドロタービンの効率を改善

オンデマンド・ウェビナー

3D数値流体力学 (CFD) を使用してハイドロタービンの効率解析を実行し、性能を正しく予測する方法を学びましょう。

CFDでハイドロタービンの効率を改善

世界のあらゆる地域で水力は、クリーンで再生可能なエネルギーを電力網に供給できる、信頼性の高いエネルギー供給源となっており、温室効果ガスの排出削減に寄与しています。水力の需要が高まるにつれ、より効率的なハイドロタービンが求められるようになっています。ところで、今設計しているハイドロタービンが性能/効率要件を満たすどうかを、どのように確認していますか。 

試作品を使った物理テストだけで設計の有効性を確認しているなら、競合他社に後れを取っているかもしれません。ペースの速い今日の市場において、物理テストではコストと時間がかかりすぎます。試作品を作成する遥か以前の開発サイクルの各ステップで、製品が性能要件を満たしているかどうかを確認する必要があります。ハイドロタービンの性能は、3D数値流体力学 (CFD) を使ったシミュレーションで確認することができます。 

この無料オンデマンド・ウェビナーでは、3D CFDを使用してハイドロタービンの効率を最大化し、さまざまな動作条件でハイドロタービンの性能を予測する方法をご紹介いたします。