本文へ移動

予測シミュレーションで、ハイブリッド車/電気自動車のアーキテクチャに関する設計判断を加速

オンデマンド・ウェビナー

市場で高まる電動化/ハイブリッド化への期待に応えるには、設計プロセスとともにシミュレーションの使用を一段高いレベルへと引き上げる必要があります。このことは車両エンジニアリングと市場投入期間にどのような影響を及ぼすでしょうか。

予測シミュレーションによるハイブリッド車/電気自動車のエンジニアリングに関するウェビナーにご参加ください。

自動車業界では電動化競争が始まり、エンジニアリングプロセスにも大きな影響が出始めています。電気自動車の設計は依然として複雑ですが、市場投入期間を短縮するための新たな手法やツールが導入されています。シミュレーションも例外ではなく、限界まで拡張されています。 

このウェビナーでは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの自動車業界エキスパート、Fred RossとThomas Desbaratsが自動車業界の傾向を分析し、デジタル・ツイン手法を紹介します。また、シミュレーションプロセスを根本から変えるSimcenterについても詳しく説明します。Simcenterを使用すると、包括的な予測シミュレーションプラットフォームを構築して導入することができます。エンジニアリング部門は、新しい電気自動車、ハイブリッド車または従来型車両のアーキテクチャ設計から試験段階までのすべてで性能評価時間を短縮し、意思決定プロセスをスピードアップできます。エキスパート以外のユーザーもシミュレーションを使えるようにすることで、エネルギー効率、性能、運転しやすさ、熱管理など、あらゆる車両アーキテクチャ解析が加速して、市場投入期間も短縮し、性能への期待を満たせるようになります。