本文へ移動

人体振動を理解して測定する

オンデマンド・ウェビナー | 20 分

ISO規格に基づいて人体の振動を測定し、人体振動に関する欧州指令2002/44/ECに準拠する方法を学ぶこのウェビナーを是非ご視聴ください。

人体振動

健康上の問題を防ぐには、手腕振動と全身振動の両方を測定して低減する必要があります。

振動への継続的な曝露は、さまざまな健康上の問題を引き起こす恐れがあります。建設作業員や、重機、電動工具、大型車両を操作する人は、定期的に振動にさらされています。

手腕振動は、ドリルや削岩機などの電動工具の操作によって発生します。過度の振動は、握力の低下、しびれ、神経の損傷などの振動障害を引き起こす可能性があります。作業者に恒久的な障害が発生する前に防止しなければなりません。

全身振動は、車両の振動が運転者または乗客に伝わったときに発生します。振動源は、エンジン、地形 (海の波を含む) などです。振動への長時間の暴露は脊椎の問題をも引き起こしかねません。

振動試験の規格、ISO2631およびISO5349に機器を適合させる

ISO2631は、全身振動を評価するための規格で、広く採用されています。ISO5349は、手腕振動の測定に関する規格です。このウェビナーでは、こうした規格のガイドラインに沿って振動を測定、評価する方法を解説します。

あらゆる業界で使用可能な騒音 / 振動試験

物理テストと仮想シミュレーションを革新的に組み合わせたシーメンスのソリューションは、最適な製品性能の実現を支援します。シーメンスの高度なデータ収集ハードウェアと強力な解析ソフトウェアは、試験を合理化し、より短時間でより多くの知見を提供できるように設計されています。製品の騒音、振動、耐久性の検証には、シーメンスのテストベースのエンジニアリングツールをお使いください。