本文へ移動

費用と時間を節約して、高度なプロトタイプを使用するテストの段階に到達

オンデマンド・ウェビナー

システムシミュレーションを使用して、初期段階にシステム設計と電子制御ユニットを検証

今日の重機システムの多くは効率化され、環境規制を順守するように制御されています。制御ロジックを実装するソフトウェアコードの規模は、過去10年間に増大しています。これに伴ってパラメーターの組み合わせも爆発的に増えました。その結果、相反するキャリブレーションの要件や属性を、物理的な妥当性確認/テストで管理する手法は、時間的にも開発コストの面からも持続可能ではなくなっています。新しい手法が必要です。仮想検証/妥当性確認を含むモデルベース設計を採用することが重要な成功要因となります。

ウェビナーではRomain Nicolasが、Simcenter Amesimを使用して重機の制御システム設計を容易に検証/妥当性確認する方法を紹介しています。事前検証済みのSimcenter Amesimモデルに制御アルゴリズムを接続して、それらが相互作用して実行し、要件を満たすことを確認する方法と、キャリブレーションパラメーターを事前調整する方法を説明します。 こうした方法 (Model-in-the-Loop、Software-in-the-Loop、Hardware-in-the-Loop、仮想キャリブレーション) を使えば、高度な高品質プロトタイプを使用するテストの段階に到達できます。

応用例: Simcenter Amesimを使用した、フォークリフト制御システムの検証のデモ