Matlab Simulinkを使わずに忠実度の高いシミュレーションを実現するC++によるシミュレーションインターフェース

オンデマンド・ウェビナー | 15 分

Matlab Simulinkを使わずに忠実度の高いシミュレーションを実現する

次世代の自動車開発は、車両開発プロセスを見直すことでもあります。極めて革新的なエンジニアは、さまざまに重なる複雑さに対処するために、動作や動作主体間の相互作用をシミュレーションでスクリプト化することで忠実度の高いシミュレーションを実行できます。このオンデマンドウェビナーで、Pure Pursuitアルゴリズム (経路追従制御法) と急な車両割り込みに反応するAEBSシステムを搭載したエゴ・ビークルの実際のユースケースをご覧ください。

主な内容:

  • C++によるシミュレーションインターフェース開発の動機
  • C++によるシミュレーションインターフェースとSimulinkによるシミュレーションインターフェースの比較
  • ユーザーのワークフローとエンジニアリングのユースケースを紹介した複数のシミュレーション事例

John Roca

製品マネージャー, Siemens Digital Industries Software