本文へ移動

高忠実度のデジタル・ツイン: 物理特性や形状がどれだけ複雑であっても、現実的なシミュレーション

オンデマンド・ウェビナー | 48 分

Simcenter STAR-CCM+を使用して、実世界の製品パフォーマンスを高忠実度で再現したデジタル・ツインを実現する方法を学びます。

 高忠実度のデジタル・ツイン

非常に単純化した形状と物理特性を使用して、単体のコンポーネントをほかとは切り離して検討しても製品のパフォーマンスを評価できていた時代は過去のものです。製品の複雑化と短納期化が進み、競争が激化する今日、製品設計の実際のパフォーマンスを詳細に理解しているかどうかが成否を左右します。

4部構成の第3部にあたるこのウェビナーは、Simcenter STAR-CCM+で高忠実度のデジタル・ツインを構築する方法を紹介します。CADからシミュレーションまで連続的に流れるパイプライン型ワークフローで複雑な形状を処理できるほか、広範なマルチフィジックスソリューションを単一の統合型環境でシームレスに利用することの利点を学びます。物理特性がどれほど複雑なものであっても、実際のパフォーマンスを効率的にシミュレーションし、デザインに対する非常に詳細な情報を得ることができます。

学べる内容

  • パイプライン型ワークフローで複雑な形状を維持しつつ、忠実度を損なうことなく時間と工数を削減する方法
  • 物理的な現実性を高めながら、計算コストを最小化する手法によって、製品パフォーマンスの理解を深める方法
  • Simcenter STAR-CCM+で高忠実度デジタル・ツインを使用することによってのみ得られる知見を活かして、自信をもってイノベーションを設計に取り込む方法

David Mann

テクニカル製品管理シニアマネージャー, Siemens Digital Industries Software

Realize LIVE Europe | November 3-4, 2020 | Virtual

Realize LIVE Europe, registration now open

Realize LIVE Europe 2020 -  Register now to join Realize LIVE virtually

Don't miss your opportunity to participate in two days of engaging content, networking, and building those meaningful connections at the NEW Realize LIVE Europe virtual conference.



Enhance your knowledge and proficiency with the tools you have, learn from the thought leadership and customer stories that will help guide your organization's continued digital transformation.