航空機客室内における咳飛沫の飛散を高忠実度のCFDシミュレーションで解析

オンデマンド・ウェビナー | 35 分

数値流体力学 (CFD) シミュレーションを使用して、航空機客室内における粒子の伝播を解析

このウェビナーでは、航空機内で人が咳をすると粒子や飛沫がどのように飛散するかを理解する際に、高忠実度の数値流体力学 (CFD) シミュレーションが果たす役割をシーメンスとエアバスが説明します。

咳飛沫の飛散をモデル化する際に直面した複雑な問題や、航空機内でフェイスマスクをして咳をした場合の影響や飛沫伝播を抑える効果について議論します。シミュレーションには、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのマルチフィジックスCFDシミュレーションツールであるSimcenter STAR-CCM+を使用しました。この予備研究で開発した手法に対応しています。

シーメンスとエアバスがこのウェビナーで語る内容:

  • 平均的な人の咳飛沫のシミュレーション
  • 航空機の機内環境をモデル化する際の課題
  • 咳飛沫からウイルス感染リスクを評価するための作業ステップ

咳飛沫をモデル化する課題や手法について、専門家の話を聞く

  • 空調システムのCFDシミュレーションに詳しいエアバスの専門家
  • シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、マーケティング・マネージャー、Prashanth Shankara

対象者:

  • 航空機メーカー
  • 自動車および輸送機器メーカー
  • 医療機器メーカー
  • ビルおよびHVACの設計者や建設業者
  • 科学者、研究者、教育者
  • エンジニア