本文へ移動

重機構造の健全性と耐久性を改善

オンデマンド・ウェビナー | 31 分

デジタル・ツインを実装すると、エンド・ツー・エンドの耐久性エンジニアリングが可能になるため、市場投入期間を短縮して製品リコールを防止し、お客様の期待に応えられるようになります。その詳細をご覧ください。

Simcenterポートフォリオを導入すれば、製品設計を高速化しながら、信頼性が高く、高品質で安価な製品を実現できます。

重機構造の健全性 / 耐久性エンジニアリングのイノベーションを紹介するRalf Leis (シーメンス) のウェビナーをご視聴ください。専門家から次のような情報を得られる絶好のチャンスです。  

  • エンドユーザーが実際に機械を使用する際に発生する荷重を知る方法
  • 荷重を正確に把握する方法
  • 顧客 / 市場の慣習や、機械使用時の荷重を考慮する方法
  • プロトタイプが利用可能になる遥か以前に、仮想の機械で荷重を予測する方法
  • 材料、形状、溶接が強度、疲労に及ぼす影響を予測する方法
  • 重量、強度、耐久性など、競合する性能目標の間でバランスをとる方法

このウェビナーではデジタル・ツインの利点と、この手法で得られる工学的知見を考察し、重機設計用の完全なデジタル・ツインを作成する次のステップについても説明しています。