本文へ移動

プロセス産業における熱伝導の側面: 熱交換器の設計、解析およびトラブルシューティング

オンデマンド・ウェビナー

熱交換器の設計、解析およびトラブルシューティングにCFDシミュレーションを利用

熱交換器CFD
熱交換器CFD

熱伝導は化学工業およびプロセス産業における主要な単位操作で、各種装置 (熱交換器、リボイラー) およびプロセス (対流、放射、相変化) を伴います。数値流体力学 (CFD) のシミュレーションは、このような装置およびプロセスの設計、解析およびトラブルシューティングで広範囲にわたって使用されます。

このウェビナーでは、エンジニアリング設計、解析、および熱伝導装置に関する設計探査を可能にする、Simcenterの主要なテクノロジーの概要を説明します。

このウェビナーのメインは、Porter-McGuffie Inc.より招いたゲストによるプレゼンテーションです。Simcenter STAR-CCM+のアプリケーションのデモを行い、管形熱交換器の起動中にプロセス・ガス・ヒーターが作動する際に発生する過渡状態の熱誘起応力をモデリングします。熱交換器起動中にプロセス・ガス・ヒーターが作動した結果、プロセス側の流れ温度が580°F (約304℃) から200°F (約93℃) へと急激に変化した後、ヒーターは元の状態に戻ります。この急激な温度低下により、類似の交換器に故障が生じていたことがわかっており、新たな交換器の設計に向けてこの状況を評価するために、Simcenter STAR-CCM+の使用が促されます。このプレゼンテーションでは、熱機械連成モデルのセットアップおよび解析の両方を扱います。また、この結果を用いて熱交換器を評価する方法 (ASMEコードを使用) についても触れます。

スピーカー:

  • Dr. Ravi Aglave (シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、ディレクター、エネルギー&プロセス産業担当)
  • Sean McGuffie, P.E. (Porter McGuffie, Inc.、シニア・エンジニア)、プレゼンテーションはDr. Anthony DeFilippo (システム・アナリスト) およびYanzhen He, P.E.(Porter McGuffie, Inc.、エンジニア) と共に実施
  • Claudio Santarelli博士 (シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、プレセールス・ソリューション・コンサルタントII)
ご質問はありますか?