本文へ移動

ハーネス設計および製造でのデジタルスレッド

オンデマンド・ウェビナー | 48 分

このウェビナーをご覧になると、Capitalのハーネス設計および製造エンジニアリングツールを理解できます。

Capitalのハーネス設計および製造エンジニアリングツールの詳細

デジタル・ツインを通して設計データのフローを継続しながら、陳腐化した製造エンジニアリングツールと手法を刷新することは、効率的でコスト効果の高いワイヤーハーネス製造を実現するのに不可欠です。このセッションでは、Capitalハーネス設計および製造エンジニアリングツールの導入について概説します。製品スイートの意図するマーケット、目標、メリットを説明し、重要な機能についてデモを示しながら説明します。

学べる内容:

  • 業界に影響を及ぼす主要なハーネス製造の動向と課題
  • モデルベースのアプローチによる設計から製造の実施
  • 今日ハーネスメーカーが直面している主な課題をどのように克服し、製造の効率と生産性全体を向上させているか

以下の方々に特にお勧めします。

  • 電気システムおよび配線エンジニア
  • ハーネスデザイナー、メーカー、プロダクションプランナー
  • OEMおよびワイヤリングサプライヤー