本文へ移動

EV設計でのジェネレーティブ・デザイン・ツールの活用

オンデマンド・ウェビナー | 49 分

このウェビナーをご覧になると、Capitalのジェネレーティブ・デザインのフローが電気自動車開発を加速する様子を理解できます。

EV設計でのジェネレーティブ・デザイン・ツールの活用
EV設計でのジェネレーティブ・デザイン・ツールの活用

電気自動車 (EV) 市場の過熱により、新規参入企業は設計プロセスにおける競争優位性を求めています。このようなEV新興企業が成功するには、複雑性を増すE/Eアーキテクチャを管理しながら、できる限り迅速に市場にアクセスできるようにロバストなツールとプロセスが必要です。このウェビナーでは、複数のシステムおよび電気的設計に対するCapitalのデザインフローによって、EV製品開発が加速し、複雑さが管理され、EV製品開発の全体的なコストが削減される様子を説明します。

学べる内容:

  • 電気的設計およびシステム設計に関して、Capitalがどのようにジェネレーティブ・デザインを実現するのか
  • IPの再利用および取得を行う方法
  • 設計プロセスを通して品質を確保しつつ、製品開発をスピードアップする方法

以下の方々に特にお勧めします。

  • 電気技術者
  • 技術部門の管理職
  • EV新興企業
ご質問はありますか?