本文へ移動

デジタル戦略を活用して、ガスタービンエンジンの高温部の設計性能を改善

オンデマンド・ウェビナー

燃焼器の設計を改善してタービンブレードの冷却を効率化し、高温部の性能を改善

Simcenterポートフォリオのマルチフィジックスシミュレーションで高温部の性能を改善
Simcenterポートフォリオのマルチフィジックスシミュレーションで高温部の性能を改善

Simcenterポートフォリオのマルチフィジックスシミュレーションで高温部の性能を改善

ガスタービンエンジン業界は、業界の顧客や防衛関連企業の要求を満たすために「製品の性能と耐久性を向上させる」という大きなプレッシャーにさらされています。加えて、ビジネスモデルは購入からリースへとシフトし、エンジンメーカーがメンテナンスの責任を負わなければならなくなりました。

今日の航空エンジンプログラムでは、毎月の生産量と供給量を増やす努力が続けられていますが、克服しなければならない技術的課題やアーキテクチャの課題が山積しています。これらの課題を解決するには、「排出ガスを削減しながらエンジン効率を向上させる」大胆なイノベーションが必要です。目標の達成には、新たな熱機械性能、燃焼と排出、構造とシステムのイノベーションが必須となるでしょう。

このウェビナーでは、マルチフィジックスシミュレーションを活用するデジタル戦略により、燃焼器の設計を改善してタービンブレードの冷却を効率化し、高温部の性能を向上させる方法を紹介します。 

学べる内容:

  • ガスタービンエンジンメーカーが直面する課題
  • 燃焼モデリングの速度と精度を上げ、CFDで燃焼器の設計を改善する方法
  • CFDモデルとCHTモデルを組み合わせて冷却設計を改善する方法
ご質問はありますか?