本文へ移動

調製製品の設計イノベーションを効率化

オンデマンド・ウェビナー | 40 分

消費者製品 (FCMG) の購買を変えるデジタライゼーション

この画像は、調製製品設計を行う製造装置のデジタル設定を示します。
FCMG (消費者製品) にデジタル変革をもたらす調製製品設計

CPG (消費者向けパッケージ製品) メーカーは、持続可能性、健康志向、食品の安全性を求める消費者ニーズに対応するため、付加価値をもたらすイノベーションを迅速に取り込まなければなりません。高まる価格圧力のもとで競争力を維持するためには、効率的なイノベーションが不可欠です。成功を収めるのは、最新技術を使って製品およびプロセス設計、そして調製管理をデジタル変革させる企業です。イノベーションのリスクを競争力に変える方法について学びましょう。

調製製品の設計プロセスを変換させる方法

  • 構成変更可能でスケーラブルな製品開発プラットフォームを使用することで、コラボレーションを活用し、シミュレーションを通じてイノベーション速度を加速
  • アイデア構想段階から出荷後に至る製品ライフサイクルのあらゆる段階、あらゆるデータを管理
  • 速度、効率性、柔軟性、コンプライアンスおよび管理を向上させながら、プロセス全体の複雑性を最小化
  • 独立した複数の特定用途アプリケーションを廃止し、単体統合ソリューションに一元化

この分野のエキスパートであるシーメンスのKevin Hoorneに学ぶ、調製製品設計の仕様管理

Kevin Hoorneは、シーメンスにおいて、製品設計ソリューションに特化したCPG/プロセスのインダストリーマネージャーを務めています。食品加工業界で9年間の勤務経験があり、そのうち6年はチョコレート加工、3年は乳製品 / チーズのパッケージングに従事してきました。

調製製品設計にシーメンスのソリューションを使用する主なメリット

  • あらゆる製品仕様を構造的で包括的な方法で管理
  • 新製品の設計 / 開発にあたって、適切な製品特性を仮想環境で見極め
  • プロジェクトデータ管理を一元化し、仕様管理およびLIMSと統合
  • 正しい成分表と栄養強調表示でコンプライアンスに準拠
  • 製品開発サプライヤーとの効果的な連携
  • アイデア構想から出荷に至る品質のクローズドループを統合型LIMSソリューションで実現

このウェビナーの対象者

  • 研究開発 (R&D) マネージャー
  • イノベーションマネージャー
  • 品質マネージャー
  • 実験マネージャー