GVT/フラッター認証のプロセスを合理化して、より速く、より安全な初飛行を実現

オンデマンド・ウェビナー | 53 分

テストとシミュレーションを組み合わせた手法で構造力学性能の検証を加速し、航空機のフラッター認定プロセスを確実に行う方法を学びます。

航空機の認証では、航空機が「フライトエンベロープ全域でフラッター現象を起こさない」ことを実証する必要があります。フラッター試験は、航空機プログラムの重大なマイルストーンです。遅延さらには大惨事を防止するするために、万全に準備して臨む必要があります。 

フラッター試験に合格するには、航空機のフルスケールモーダル試験 (GVT) で検証済みの動的CAEモデルを使用することが前提です。こうした地上振動試験は、初飛行前に必須のステップです。シミュレーションを使用すれば、最適な構造実装方法などの貴重な知見を取得して、試験から素早く最大限に情報を引き出すことができます。その後、効率的な相関/更新ツールを使用して、正確なフラッターシミュレーション・モデルを全飛行条件で作成し、飛行およびフラッター試験のスケジュールを決めます。

このウェビナーでは、シミュレーションとテストを組み合わせた手法を使用すると、なぜ構造力学/フラッター試験要件の検証プロセスが加速するのかを説明しています。

学べる内容:

  • 地上振動試験の効率的な準備と実行
  • フラッター予測で使用する正確な力学モデルの作成
  • フラッター試験の安全な実行