石油 / ガス業界での構造健全性 -流体シミュレーションが必要な理由

オンデマンド・ウェビナー | 45 分

設計段階からオペレーション全体まで、アセットの構造健全性を定量化、実証、保証する

石油 / ガス生産および輸送の健全性
石油 / ガス生産および輸送の健全性

健全性のリスクはシステム設計の構造的な欠陥によるものですが、原因の多くは流体がシステム内に滞留または流れているとき、あるいはシステム周囲を移動しているときに発生する浸食、脈動型励起、渦励起振動などです。

このウェビナーでは、液体や、ガス、固体粒子の流れが構造健全性に及ぼす影響に対して、数値流体力学 (CFD)、有限要素解析 (FEA)、システムシミュレーションといったエンジニアシミュレーション手法がいかに重要であり、安全性、実用性、信頼性の高い設計および運用のソリューションを見つける上でどのような役割を果たすかをご紹介します。

主な内容:

  • エンジニアリングシミュレーションによって構造健全性を保証する価値
  • 設備の動作寿命、効率、および生産性をシミュレーションによって向上させる方法
  • 構造性の課題を定量化、解決するシミュレーション手法の組み合わせ
Maged Ismail

Maged Ismail

シミュレーションおよびテストソリューションのポートフォリオ開発担当役員, Siemens Digital Industries Software