統合型の安全性開発アプローチでeVTOLの耐衝突性設計を加速

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

高速システム最適化のためのマルチボディ手法を使ってアーバン・エア・モビリティの安全性を向上

eVTOLsの耐衝撃性設計

アーバン・エア・モビリティ (UAM) システムの設計、開発、運用において、乗員の安全性は技術・管理プロセス全体に関わる重要な要素です。14 CFR *.561および*.562 (FAAの連邦規則集) で規定されている現在の緊急着陸に関する設計要件では、eVTOL車両 (電動垂直離着陸型航空機) の安全レベルを確保できない可能性があります。

UAM市場で成功を収めるには、実際に求められる安全性に対応した緊急着陸のコンセプトが必要となります。

統合型の安全性開発プロセスにより、生存可能体積を維持し、乗員への減速負荷を最小限に抑え、脱出経路を維持し、大型アイテムが動かないように評価することができます。

学べる内容:

  • 国立航空研究所 (NIAR: National Institute for Aviation Research) がSimcenterソリューションを使用して、どのように概念設計段階からeVTOL (垂直離着陸型航空機) の耐衝撃性を最適化しているか
  • マルチボディモデルと最適化ツールを使用して、以下の統合的な安全コンセプトをどのように定義できるか
    • 着陸装置と機体の耐衝撃性
    • 高エネルギー吸収シート、先進安全拘束システム
    • 機内の床下構造
    • エネルギー吸収型の着陸・離陸サイト

スピーカー

Dr. Gerardo Olivares

Advanced Virtual Engineering and Testing Laboratories、ディレクター, National Institute for Aviation Research (NIAR)

Michiel Unger

Simcenter、主席エンジニアリング・サービス・エンジニア, Siemens Digital Industries Software