本文へ移動

航空機の環境制御システム (ECS) 設計のシミュレーションによるモデルベース最適化

オンデマンド・ウェビナー | 39 分

初回の解析から、ECS機器を完全に統合した状態までの包括的な空気管理解析に、シミュレーションを活用する方法をご紹介します。

環境制御システム最適化にSimcenter Amesimを使用
環境制御システム最適化にSimcenter Amesimを使用

ゲストスピーカー: ガルフストリーム熱力学スペシャリストAllan Settles氏とWellson Bezerra氏

航空機の環境制御システムを設計する際、冷却や、加熱、換気、湿度、汚染物質制御、圧力など多くの点を、客室、貨物室、または電気機材室といった場所に応じて検討する必要があります。エンジニアはこれらの技術的要件と並行して、より効率的で、軽量、コンパクト、そしてエネルギー消費が最適化された環境制御システムの設計を迫られています。

そのような環境制御システムを設計プロセスの初期に構築するには、システムシミュレーションが役立ちます。システムシミュレーションでは、動力学条件に基づく複数のパラメーター作用に関して、設計検討に役立つ知見が得られます。このウェビナーでは、ゲストスピーカーをガルフストリームからお迎えし、コックピット / キャビンから完全統合したECS機器まで、あらゆる規模の空調管理解析にシミュレーションがどう役立つかをご紹介します。

学べる内容:

  • 統合時の問題を開発サイクルの初めから予測するために、グローバルなECS統合サブシステムを最適化し、トレードオフ解析を実行する方法
  • 燃費改善に向けた、革新的な技術を使ったソリューションや制御戦略のテスト、特定、および選択
  • アビオニクスベイの冷却および換気を、要件に準拠させるためのモデルベース戦略の導入
ご質問はありますか?