エンジニアリング・シミュレーションと試験が白物家電業界に果たす役割

オンデマンド・ウェビナー | 47 分

直観力を高める: 最高の安全性と品質標準を満たした迅速なイノベーション

掃除機のノイズ伝播シミュレーション

家電業界では、モノのインターネット (IoT) をいかに取り入れるかの競争が続いています。家電が単なる電気製品からスマートなデジタル執事へと進化しつつあるなか、多くの白物家電メーカーがエンジニアリング・シミュレーション / 試験ソリューションを取り入れるようになってきました。

共感性と付加価値サービスを売りにするスマート家電のエンジニアリングには、既存のハードウェアやIoTエコシステムとソフトウェアを統合するという独自の難しさがあります。ぜひこのウェビナーを視聴して、家電メーカーの製品イノベーションをサポートするエンジニアリング・シミュレーション / 試験ソリューションをご覧ください。

学べる内容: 

  • 白物家電にイノベーションを巻き起こし、最高性能を発揮するためのアプローチ 
  • マルチフィジックスのシミュレーション / 試験ソリューションが家電製品エンジニアリングに果たす役割 
  • 品質向上と低コストを両立させる秘密

家電メーカーの効果的なイノベーション

家電メーカーは、設計、人間工学、材料、耐久性、省力化を重視したイノベーションを進めています。試作品を使った試験に頼っていては、あまりに長い時間と莫大な研究開発費がかかります。統合的なマルチフィジックスシミュレーションソフトウェアは、試作前にいくつもの性能指標を解析するデジタル環境を提供します。コンシューマー製品のシミュレーションにまつわる最近の動向についてはこちらのウェビナーをご覧ください。

白物家電メーカーにとってシミュレーションが重要な理由

白物家電の大手メーカーの間で普及が進むシミュレーションツールは、試行錯誤のプロセスを排除し、品質を効率的に向上 (構造的な完全性、ノイズや振動を抑えた快適設計、熱 / 流体特性の理解など) しつつ、製品実現コストを削減できます。このウェビナーでは、シミュレーション / 試験ソリューションが家電メーカーの生産性向上に与える効果を例を交えて紹介します。

コンシューマー製品メーカーがシミュレーションと試験を採用する利点

コンシューマー製品は、素材の軽量化、製品のパーソナル化、省エネ化、高機能化、スマート化など、絶えず改良が続いています。先駆的な機能を取り入れ、継続的なイノベーションを達成するには、研究開発業務に高精度のマルチフィジックスシミュレーション / 試験ソフトウェアを取り入れる必要があります。このウェビナーで紹介するシミュレーション / 試験ソリューションは、コスト効果の高い包括的な統合環境であり、多くの設計バリエーションを検討し、性能を評価することで、未来のイノベーションを実現します。詳細はこのウェビナーをご覧ください。