本文へ移動

車両の空気力学を雨水管理のために最適化する

オンデマンド・ウェビナー

ダイムラーがCFDシミュレーションによって、試作車の製作後にコストのかかる再設計を抑制する方法がわかります

ゲストスピーカー: ダイムラー

車と水の相互作用を特定し、理解することが、安全性、信頼性、品質などの極めて重要な属性を最適化する鍵となります。そのため、車体外部の空気力学設計が悪天候の際に窓の透明度にどのように影響を与えるかは、エンジニアの大きな関心事です。水滴がサイドミラーへの視界を妨げ、フロントガラスやリアガラスまで見えにくくなると、ドライバーはストレスや危険を感じます。空気力学設計のエンジニアは、スタイリングと、騒音、空気抵抗、およびサイドミラーの鮮明度とのトレードオフを検討し、設計を最適化する必要があります。設計の妥当性確認を促進するために、設計の初期段階でCFDシミュレーションとデジタル・ツインを使用することが、試作車の製作後にコストのかかる再設計を抑制する決め手となっています。これによって、最初の試作車を実際に作製する前に、水/音響に関する、新しい革新的なアイデアを試してみることができ、OEM側のコスト削減と市場投入期間短縮に貢献しています。 

このウェビナーは、車両の雨水と車体外部の空気力学設計の相互作用がテーマです。ゲストスピーカーにお迎えしたダイムラーのMichael Ade氏は、水管理シミュレーションの課題について紹介した上で、液膜や、噴霧、付着などの混相流を明らかにする、完全な3D CFD (数値流体力学)プロセスを使って代表的な検討項目を直接モデリングする方法を示します。 

業界のエキスパートが車体外部の水の管理を、動いているワイパーなどの難しい条件も含めて、実車でシミュレーションする方法を紹介します。Simcenter STAR-CCM+の既存の混相流モデルを、試験場の設備に合わせて調整、改善したものを用いて、関連する現象がすべて記述されます。また、実車の車周りの空気力学流れにさらされた水の動作予測に使用する既存のモデルを実際に改善したり、さらに改善できる可能性についても説明します。

ご質問はありますか?