eXpert Centerシリーズ: 入札要件管理のためのデジタル卓越化

オンデマンド・ウェビナー | 23 分

分厚い仕様書と長文の要件条項から、明確で簡潔な契約書を作り上げるのは簡単ではありません。入札段階にかかる業務の煩雑さや課題に対処する方法があります。特に複雑なサプライチェーンのエコシステムに対して、エネルギー / ユーティリティー業界のユースケースが時間とともに要件管理を取り入れて進化した様子を紹介します。

エネルギー業界向け入札管理のeXpertシリーズ
エネルギー業界向け入札管理のeXpertシリーズ

入札関係の文書と対応を管理する

主な内容

  • 契約の明確さ
  • 入札の成熟度
  • 入札後の透明性
  • 社内での活用

契約ライフサイクル管理ソフトウェア

トレーサビリティと内蔵の比較機能によって、業務上の要件が標準化されていて、過去と同じ場合に役立つ知見が得られます。顧客とやり取りする契約対応チームの例外事項、資格条件、説明を作成、解決できます。

データ中心のアプローチを活用

落札し、プロジェクトをうまく遂行することは、まず顧客の要求事項と最初の顧客審査から始まります。入札段階で収集した情報は、その経緯とともに、プロジェクトの完了以降も保存されるため、質の高い対応を素早く行うことができます。