本文へ移動

エンド・ツー・エンドの構造開発プロセスを統合し、耐空証明の取得を加速させる

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

統合的なエンド・ツー・エンドの構造開発プロセスによって、機体構造プロセスを合理化する方法を学びます。

統合的なエンド・ツー・エンドの構造開発プロセス

航空機メーカーは、構造開発にかかる開発費が原因で、プログラムが大きく遅延する場合があります。航空機の開発費の60%が機体の構造開発および耐空証明の取得に使われているため、その改善は必ず大きな影響をもたらします。

このウェビナーでは、Bye Aerospace (BA) が完全電動型のeFlyer 2を統合的なエンド・ツー・エンドの構造開発プロセスを使って開発し、耐空証明の取得を加速させた事例をご紹介します。具体的には、モデルベースの主要構造のユースケースを、BAが開発した革新的な設計手法と組み合わせて、複数領域にまたがる設計のサイクルを速めた方法についてお話しします。設計データと解析データをシームレスにやり取りできたことで、スピードアップが実現しました。

さらに、この統合的なエンド・ツー・エンドの構造開発プロセスを、次の場面でも活用しました。

  • 安全マージンの計算と追跡可能な証明レポートの生成
  • CADモデルに関連付けされたフラッターのシミュレーション
  • 特に複合材構造における材料特性評価によって、仮想的に材料挙動の特性を評価し、複合材開発にかかる時間を大幅に削減

Daniel Hinson

主任複合材構造エンジニア, Bye Aerospace