電気モーターの振動騒音 - 電流から騒音まで

オンデマンド・ウェビナー | 51 分

電気モーターの騒音に構想段階で対応するためのクローズド・ループ

電気モーターから発生する高周波トーナルノイズは不快です。そのため、電気モーターのメーカーは、開発サイクルの早期から振動騒音に対応できるソリューションを探しています。しかし、モーターの種類や構成が単純ではなく、効率性と振動騒音特性の完璧なトレードオフを見出すことは非常に困難です。

このウェビナーでは、振動騒音特性を高度に再現しつつ、効率性、トルク、および熱管理を完璧に調整する方法について説明します。モーター騒音を目標値まで低減させ、臨界周波数での高周波トーナルノイズを回避するため、Vサイクルの中で次の2つの手法を提案しています。

  • 構想段階での振動騒音リスク評価。電気 / 電磁システムのサイズを決定する際に振動騒音特性を考慮し、熱、制御、効率性、性能などに関するマルチフィジックス・システム・モデリングと統合する。 
  • 詳細設計段階での3Dシミュレーション。電磁、構造、およびトランスミッションモデルによるマルチボディと音響シミュレーションを1つの環境で統合することで、電流と騒音放射の隔たりをなくす。

こうした手法により、開発の後半で振動騒音問題が出現するリスクが大幅に低下するとともに、設計変更が振動騒音特性に与える影響を評価することができます。

このウェビナーは、自社のブランドイメージにふさわしい電気モーター音と性能を生み出したいと考える専門家やアナリストなど、振動騒音解析、3D CAE、および電磁界解析ユーザーを対象としています。