本文へ移動

システム・シミュレーションによって二酸化炭素の排出量を削減

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

組織的なシミュレーション工場を立ち上げ、展開し、エンジニアリングプロセスを合理化する方法を学びます。

複数の属性のバランスを取るシステムシミュレーション

エンジニアリングの手法およびプロセスは新しいパラダイムに移行しつつあります。エンジニアリング部門が手作業のプロセスと従業員の善意に頼っているようでは、CO2排出量の目標を達成することはできません。その理由は明快です。厳格な要件の数も多く、カスタマイズを求める市場からの要求も大きいため、合理化したプロセスなしにエンジニアリング部門が多くのシミュレーションモデルを一度に処理することはできないからです。「シミュレーション工場」があれば、明確に定義されたプロセスと役割を通じてこのニーズに対処します。

学べる内容

  • モデル開発の工数、再利用、モデル共有から得られるROIを最大化する方法
  • 専門家以外 (設計エンジニア、製品企画、テストエンジニア、事前校正エンジニア、セールスエンジニアなど) でもシミュレーションを扱えるようにすることで、製品設計のより広い範囲にシミュレーションを適用する方法
  • 一貫したシステムシミュレーションを可能にするプロセスとツールを組織的に導入することで、より深いエンジニアリングの知見を得る方法

「シミュレーション工場」を組織全体で活用、導入、展開する方法を紹介するこのウェビナーをぜひご覧ください。

Thomas Desbarats

ビジネスデベロッパー 電動化, Siemens Digital Industries Software

Romain Gonard

製品マネージャー Simcenterシステムアナリスト, Siemens Digital Industries Software