バリューチェーン全体に品質管理プロセスを組み込み、競争力をつける

オンデマンド・ウェビナー | 45 分

複雑さを強みに変え、品質を強化して重要なビジネスリスクを最小限に抑える方法とは

品質管理プロセスを組み込み、重大なビジネスリスクを最小限に抑えるための議論を主導する男性

デジタル時代、しかもこの未曾有の状況において、革新的な技術の導入、事業の複雑さ、およびグローバル競争といった要因によって、クラス最高の業績達成には大きなプレッシャーがかかっています。そのため、メーカー各社は提供基準を顧客の要求に合わせて変化させ、市場投入期間を短縮する必要に迫られています。

卓越した製品と生産品質は、イノベーションのスピードと同じくらい、きわめて重要です。クローズド・ループの品質管理ソリューションを導入することで、製品ライフサイクル全体での製品とプロセスの品質に良い影響が生まれます。

このウェビナーでは、複雑さを強みに変え、品質を強化して重大なビジネスリスクを最小限に抑える方法を紹介しています。以下の内容を取り上げます。

  • 複雑な環境で競争優位性を獲得するための新しい考え方の利点
  • 重大なビジネスリスクを最小限に抑えるのに役立つ品質管理を検討すべき理由
  • 連携しやすい体制を活用し、デジタル・トランスフォーメーションに欠かせない品質プロセスを強化する手立て
Valentina Lupo

Valentina Lupo

インダストリーマネージャー – ディスクリート製造, Siemens Digital Industries Software

Valentinaは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのディスクリート製造業界担当のマネージャーとして品質管理を担っています。 2年前にシーメンスに入社し、製造オペレーション管理の事業支援チームで経験を積みました。 シーメンスに入社する前は、イタリアとポーランドで品質管理や研究開発のさまざまな役職を歴任しています。「認定プロジェクト管理アソシエイト - IPMAレベルD®️」としてプロジェクト管理職も経験しました。 バーリ工科大学で機械工学の修士号を取得しています。

Raffaello Lepratti

Dr. Raffaello Lepratti

事業開発兼マーケティング担当バイスプレジデント, Siemens Digital Industries Software

Raffaello Lepratti博士は、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの事業開発兼マーケティング担当バイスプレジデントです。 電子工学の学位と、人と機械の高度なコラボレーションに関する博士号を取得しているほか、長年にわたり、いくつもの国際的な研究プロジェクトに携わり、書籍や科学論文を執筆したほか、複数の特許の共同保有者でもあります。また、MESAの国際理事会のメンバーを務めています。

User event | Registration now open!

Realize LIVE: Join the transformation

Realize LIVE 2022 – Registration Now Open!

Realize LIVE returns in person in 2022, uniting the Siemens global user community around a common mission: To co-create a better world.

Join 3,500+ of your peers to advance innovation, engineer the circular economy, and drive change that’s as sustainable as it is profitable.