本文へ移動

自動運転車のソフトウェアおよび制御開発を加速するプラットフォーム手法

オンデマンド・ウェビナー | 38 分

組み込みソフトウェアおよび制御開発/V&Vのすべての段階で情報の透明性を高める共通プラットフォームの導入

自動車業界では今、システムオブシステムズ (SoS) エンジニアリングが注目されています。自動運転や電気自動車、シェアモビリティ、その他新たなサービスが、クラウドや人工知能 (AI)、IoT (Internet ofTthings) といった技術を駆使して自動車業界に破壊的なイノベーションをもたらしました。 

その結果、企業はより流動的でしなやかな手法で製品を開発するようになっています。製品開発を個々の領域だけでとらえるのではなく、統合後の全体のニーズを理解したうえで、それに合わせる方法を考えるようになりました。一般的に使用されているソフトウェアツールやプロセスは全体で同期がとれないものが多く、ワークフロー全体を通してデータの透明性や一貫性、統一した品質を保てません。

ソフトウェアおよび制御の開発にプラットフォームベースの手法を取り入れることで、一貫性の不備や設計やり直しを削減し、生産性を向上させるとともに、構想から展開に至るまで検証目標を追跡することができます。

このウェビナーでは、シーメンスのシミュレーションソリューションを使用することで、制御およびソフトウェアエンジニアリング部門が次のことを実現できることを、組み込みソフトウェアおよび制御開発の専門家が紹介します。

  • Vモデルを習得し、トレーサビリティを実現するデジタル・スレッドを構築して、一貫性の不備や設計やり直しを削減するとともにコラボレーションを強化
  • シミュレーションのV&Vバリューチェーン全体で構想から展開まで検証目標を追跡
  • プラットフォームベースの手法を使って開発コストと製品発表までの時間を削減