本文へ移動

組み込みソフトウェアと制御の開発プロセスを最適化することにより、電気自動車のイノベーションを後押し

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

車両電化対応ソフトウェアの開発を加速

組み込みソフトウェアと制御の開発プロセスを最適化することにより、電気自動車のイノベーションを後押し
電気自動車の開発にあたっては、従来の車載システムの枠組みで扱われてきた組み込みシステムのアーキテクチャーとソフトウェア設計手法のあり方を大きく変える必要があります。xEV向けのソフトウェアと制御の設計手法は、分散型E/Eアーキテクチャーを考慮するとともに、タイミング、フェールセーフの仕組み、システムレベルの安全性など、これまでにない機能プロパティを保証できなければはなりません。製品を期限内に市場投入し、開発コストを予算内に抑えるには、EV/HEV構成の開発プロセスのすべてにわたり、分散ソフトウェアのアーキテクチャーを拡張し、操作性を高めることが必要です。
 
このウェビナーでは、xEV用組み込みソフトウェアと制御の開発とテストを加速する方法を次の項目とともに説明します。
• 安全性と法令遵守に適合したアプリケーションを特定、統合、配布、検証するためにソフトウェアモデリングと制御モデリングを前倒しする方法
• xEV向けのソフトウェアシステムをAutosarツールチェーンに統合、適応、展開する方法
• 新規アプリケーション開発にレガシーの制御ソフトウェアを効率的に再利用し、ソフトウェア検証プロセスを加速させる方法
ご質問はありますか?