本文へ移動

次世代の電気機械設計

オンデマンド・ウェビナー | 31 分

イノベーションの壁を取り払う

シーメンスのNXデジタル・ツイン技術を使用してPCで電気機械設計を行うエンジニア
ECADとMCADを統合するシーメンスの次世代設計ソリューション

このウェビナーでは、電気機械設計のトレンドと、それが設計プロセスに及ぼす影響について説明しています。エレクトロニクス製品は、接続されたシステムにも依存しますが、小型化してよりスマートになるにつれ、複雑化が増しています。電気機械設計 / エンジニアリング業界では、この複雑さを競争優位性として生かすために、エレクトロニクス製品の設計プロセスと製造プロセスをさらに効率化する必要があります。シーメンスの次世代設計手法で機械環境と電気環境を統合し、最適な電気機械設計を実現して、革新的な製品を市場へ迅速に投入する方法を、シーメンスの専門家が紹介します。

この電気機械設計のウェビナーで学べること

  • 電気機械設計のプロセスを統合して、既存のワークフローを強化する方法
  • NXにシミュレーションを統合して、製造前に設計を検証する方法
  • 電気機械設計プロセスで、複雑さを競争優位性として生かす方法
  • 事業のデジタルトランスフォーメーションを推進する方法
  • 接続されていない電気機械設計プロセスのコストを評価する方法

デジタル・ツインを使った未来の電気機械エンジニアリング

デジタル・ツインを使った仮想世界は、物理世界の青写真となります。デジタル・ツイン技術は、電気機械エンジニアリングに高いレベルのイノベーションをもたらすと同時に、リスクを排除して最適な性能を実現します。エンジニアは、製品開発の各ステップを仮想でモデリングして検証し、発生し得る故障や問題を特定できます。シミュレーションを行えば、設計プロセスを促進できるだけでなく、物理プロトタイプを作成する遥か以前にテストすることができます。これにより開発者は、物理モデルを使用する場合よりも多くの構成をテストして比較し、さらに複雑な製品を作成することが可能になります。

利点: イノベーションの障壁を取り除くシーメンスのエレクトロニクスCADソフトウェア

  • 効率とワークフローの改善によって、革新的で破壊的な製品を生み出すための時間が増える
  • クラス最高の特長と機能で市場投入期間を短縮できる
  • エレクトロニクス製品設計プロセスの初期段階に、製品とその振る舞いを詳細に予測してエラーを発見し、解消できる
  • チーム内や下流工程とのコミュニケーションが改善して、コラボレーションの促進とコストの低減が実現する
  • ワークフローの改善により、電気機械設計の精度が向上し、初回から正しく設計された製品を市場投入できる

シーメンスNXのエレクトロニクスCADソフトウェア、TeamcenterとXpeditionを使用した成功事例

Polar Electro (以下Polar) は、最高品質のフィットネストラッカーを提供する企業です。通信、GPS、モーション、バイオセンサーなどの複雑なエレクトロニクスを活用し、これらの要素と外形の美しさのバランスが取れた高性能フィットネストラッカーを実現しています。シーメンスのエレクトロニクスCADソフトウェアを使用して、サイズ、重量、人間工学、機能性、電力管理、品質のバランスをすべて単一の設計プラットフォーム内で調整するPolarの事例をご覧ください。

シーメンスの専門家が、電気機械設計ソフトウェアの機能を紹介

Nick Daumann: シニアマーケティングコーディネーター
Nickはこれまで、航空宇宙 / 防衛産業向けサイバー / 電子戦関連製品のマーケティングや、通信業界向け製品の責任者を努めてきました。

Dave Walker: シニア・テクニカルソフトウェア製品マネージャー
Daveは、家電、再生可能エネルギー、ネットワークインフラストラクチャなど、さまざまな業界の機械エンジニアリング環境の事業に30年以上従事してきました。大企業、SMB、スタートアップ企業けのコンサルタント業務 (大 / 少量生産品) の経験もあります。
現在はシニア・テクニカルソフトウェア製品マネージャーとして、エレクトロニクスの統合に焦点を当てたSiemens NXソフトウェアの方向性を決定しています。

この電気機械設計ウェビナーは、以下の方々に最適です。

エレクトロニクス製品の開発に影響を及ぼす複雑化と新技術に対応するエレクトロニクス製品設計者、エンジニア、サプライヤー


ジェネレーティブ・デザイン、アディティブ・マニュファクチャリングの設計プロセス、モデルベースの電気機械設計、イマーシブ (没入型) VRなどの革新的なテクノロジーを解説するホワイトペーパーをお読みください。