重機械のパワートレインを電動化

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

電動化の移行に、シミュレーションと試験ソリューションを活用

重機の電化 (ハイブリッド・水素・電気) をシミュレーションおよびテスト
重機の電化 (ハイブリッド・水素・電気) をシミュレーションおよびテスト

世界の重機市場では、排出ガスと騒音を低減する必要性から、ハイブリッドパワートレインや電動パワートレイン、さらには水素パワートレインへと移行しており、サプライチェーンのあらゆる部分に影響を与えています。

重機械業界に登場したこれらの技術は、エンジニアリングプロセスに大きな影響を及ぼしています。電動機械の正しい設計定義は複雑であり、新たな分野の専門技術を習得して強化する必要があります。また正しく設計するだけでなく、建設業や農業、鉱業分野のエンドユーザーの使用に耐えうる (またはそれ以上の) 性能を満たさなければならず、同時に、騒音や排出ガスに関する厳格な基準にも準拠しなければなりません。

本ウェビナーでは、デジタル・ツインを開発することで、バッテリーやモーター、パワーエレクトロニクスといったシステム性能を個々に、または機械全体に統合した状態で仮想評価できる方法をご紹介しています。