本文へ移動

電気配線設計用の迅速かつインテリジェントなダイアグラム作成

オンデマンド・ウェビナー | 54 分

ますます複雑化する電気機械業界で高まる評価

電装システムの開発は、ここにあるワイヤーを接続し、そこにあるコネクターを追加するというような単純なものではありません。エンジニアは個々の要件を満たすシステムを設計する必要があります。ワイヤーは、シグナル・インテグリティを確保しつつ、必要な電力とネットワークを満たす長さと太さでなければならず、コンポーネントとコネクターは業界標準および規制に準拠していなければなりません。

電気設計が完了したら、システムを機械製品に配線しなければならず、ワイヤー長の仕様要件を確実に満たすため、機械エンジニアとの密接な連携が求められます。これらのシステムの開発は、高度に制約され、密接に連携され、さらに繰り返しの多いプロセスです。

このセミナーでは、ワイヤー・ハーネス設計の電気的挙動をシミュレーションして検証する、業界で定評のあるツールであるSolid Edge Wiring Designソフトウェアを紹介します。このグラフィカルなワイハー・ハーネス配線環境には、直感的なユーザー・インターフェースに加え、電気シンボル、コンポーネント、シミュレーションモデルを高度に収録したライブラリが含まれています。

内容:

  • シミュレーションを使用して、短絡や開回路、電圧降下、ヒュージング、ワイヤー・サイジング・エラーなどの設計上の課題に着目する方法
  • 標準ベースのダイアグラム生成の自動化
  • マルチシートの回路図のクロスリファレンス
  • デザイン内で使用されているワイヤー、コネクター、デバイスのレポートを自動生成