E/Eシステム開発ツール: 内製か購入か?

オンデマンド・ウェビナー

COTSシステムと自社開発システムのメリットとデメリットを比較して「購入か内製か」の判断を下す

E/Eシステムの開発において、COTSシステムまたは自社開発システムを採用するメリットとデメリットを検討

自動車や航空機など、最先端の製品には非常に高度な電気/電子 (E/E) システムが実装されています。重要なE/Eシステムの開発は多くの技術的課題に対応する必要がありますが、データネットワーク検証、ワイヤハーネス製造エンジニアリング、アフターセールス診断などの作業には、現在でも会社独自の内製ソフトウェアツールが広く使用されています。対照的に、プリント回路基板の設計や機械CADなどの関連作業は、ほとんどが専門ベンダーの提供する市販の (COTS) ツールで行われています。このウェビナーは、こうした傾向とCOTS E/Eシステム開発ツールの成熟度を考察し、どのような基準に基づいて「購入か内製か」の判断をすべきかを説明します。

E/Eシステム設計ツール間のメリットとデメリットを比較

  • E/Eシステムの開発にCOTSツールを採用するかどうかの判断基準 (従来の慣行、標準化、E/Eテクノロジーのダイナミクスなど)
  • 「購入か内製か」を決める、ビジネス上の判断基準 (戦略的観点、所有コスト、IP保護など)
  • 関連テクノロジーの進歩 (セキュリティ、ツールの相互運用性、SaaSなど)

E/Eシステム設計ツールに関心のある以下の方々にお勧め

  • E/Eシステム開発ソフトウェアツールの選択に関わるエンジニアリングマネージャー
  • ソフトウェアのツールポリシーに対して責任を負うITマネージャー
  • E/Eシステム開発において競争優位性を築きたい経営幹部

User event | Registration now open!

Realize LIVE: Join the transformation

Realize LIVE 2022 – Registration Now Open!

Realize LIVE returns in person in 2022, uniting the Siemens global user community around a common mission: To co-create a better world.

Join 3,500+ of your peers to advance innovation, engineer the circular economy, and drive change that’s as sustainable as it is profitable.