デジタル・ツインで電気自動車の製造を加速

オンデマンド・ウェビナー | 41 分

今すぐ登録して、未来の電気自動車の製造を成功させる方法を学びましょう。

デジタル・ツインで電気自動車の製造を加速

電動化は今後も続く - ボストンコンサルティング・グループによると世界の電気自動車の売上高は、今後10年間で劇的に増加すると予測されています

前例のないペースでイノベーションが進んでいるため、電気自動車を製造するOEM、サプライヤー、新規参入企業は、そのペースに追いつくために適切なインフラストラクチャが必要です。エレクトロニクス部品は、電気自動車の重要な差別化要因となるでしょう。シーメンスのウェビナーでは、この複雑な新領域で、データの標準化とデジタル・ツインがエレクトロニクス・メーカーにとってどのように役立つのかを説明しています。

「場所を問わない設計、製造」

メーカーが新たな市場で成功するためには、変化に素早く適応できる柔軟な工場が必要です。ところが今日の大半の工場では、部門や領域が繋がっておらず、サイロ化しているため、データ準備や機械プログラミングの作業はすべてのサイトで重複して行われ、時間がかかっています。エンジニアリングの変更も追跡されておらず、作業は重複し、情報は活用されていません。

ウェビナーでは、あらゆる施設をカバーする統合エレクトロニクス製造ソリューションを使ってサイロ化を解消する方法を提案します。データを標準化して自動化に対応する手法や、イノベーションプロセスのあらゆるフェーズで物理的な製造システムのデータを活用して、デジタル・ツインを作成する手法を紹介します。デジタル・ツインを活用すると、問題を早期に特定して迅速に対応し、貴重な時間とリソースを節約することができます。

講演者

Nilesh Wani

キャンペーンマネージャー, Siemens Digital Industries Software

Kobi Levi

事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software