電動船の推進システム開発のための統合シミュレーション・ツール

オンデマンド・ウェビナー | 37 分

船舶の電動化は騒音や排ガスを削減し、海洋産業に大幅なメリットをもたらします。このウェビナーは、シーメンスのシミュレーション・ソリューションを使って電動船の電動機とその構成部品を設計および最適化する方法について紹介します。仮想的な検証法を用いることで、電動船の推進システムや電動機の性能をあらゆる側面から探索できます。 ウェビナーの内容は次のとおりです。

  • 完全電動船またはハイブリッド船の性能を予測し、効率的かつ安全で十分なエネルギーを実現
  • 船体抵抗や出力要件を予測するシミュレーション
  • システム・シミュレーションを実施して、バッテリパックや電動機の寸法を決定
  • 高忠実度のモデリング・ツールを使って電気コンポーネントを設計および最適化

海上に浮かぶ船とデジタル技術で重ね合わせた推進システムの設計

船舶の電気推進システムの設計課題に取り組む

電気パワートレインや電気推進システムは、音が静かであるだけでなく、排ガスも削減します。旅客フェリーや港内を運行する船、レジャー用の船舶は、いずれも完全電動化の方向に舵を切っています。ただし、電動機やバッテリーパックを設計し、これらを船舶設計に統合しようとすると、次のような新たな課題に直面します。

  • バッテリーパックがあらゆる運航条件下で出力要件を満たすかをどうすれば確認できるか
  • 動力に関する安全規制を満たしつつも電動機の寸法を最小化する方法はないか
  • 電動機とバッテリを最適化して消費エネルギーを最小化し、騒音を削減するにはどうすればよいか

シーメンスのソリューションを使えば、これらの問いをはじめ、さまざまな課題に対応できます。パワートレインの統合に取り組む場合も、バッテリーパックや電動機システムの検証、信頼性の高い部品の最適化に取り組む場合も、シーメンスのシミュレーション・ツールを使えば、電動船の推進システムのデジタルツインを構築できます。性能を予測し、代替設計案を検討し、理想の電気設計の目標を素早く満たす方法をウェビナーでご確認ください。

この電動船の設計に関するウェビナーの対象者について

このウェビナーは、船舶の電動化に移行する際に直面する設計課題について関心のある船舶設計者の方々に興味深い内容となるでしょう。CFDシミュレーションを実施して船体抵抗を予測し、その結果を1Dシステム・シミュレーションと組み合わせることで出力要件や必要なバッテリパック、電動機の設計について予測する方法を紹介します。

また、高忠実度のシミュレーション・ツールを使って、バッテリや電動機の性能を検証・最適化する方法も説明します。電気部品の性能を詳しく把握し、要件に合わせて製品をカスタマイズし、設計プロセスを加速させたいエンジニアや船舶関連のサプライヤーにも役立つ内容です。

シーメンスの船舶シミュレーション・ソリューションについて

次世代の船舶を開発するとともに、既存の船舶を効率化させるには、統合型の設計アプローチが必要です。船舶設計者やサプライヤーは、効率の向上や革新的技術の提供を短時間で実現し、作成した設計案がさまざまな動作条件下で機能することを確認しなければなりません。

シーメンスは、船舶の性能エンジニアリングのための比類のないソリューション・ポートフォリオを提供し、お客様が設計目標をより早く達成できるよう支援します。シーメンスのソリューションには、マルチフィジックスCAEソフトウェア、システム・シミュレーション・ツール、目的別の設計ソリューション、設計探索および最適化ソフトウェアが含まれます。船舶の設計や性能のあらゆる側面を実際の動作条件下でフルスケールで探索することを可能にします。シミュレーション駆動の設計アプローチによって、チーム全体で効果的に連携しながら、何百もの設計オプションを探索し、必要な効率要件またはそれ以上の成果を達成できます。

User event | Registration now open!

Realize LIVE: Join the transformation

Realize LIVE 2022 – Registration Now Open!

Realize LIVE returns in person in 2022, uniting the Siemens global user community around a common mission: To co-create a better world.

Join 3,500+ of your peers to advance innovation, engineer the circular economy, and drive change that’s as sustainable as it is profitable.