自動車業界における効率的なコストエンジニアリングの推進

オンデマンド・ウェビナー | 58 分

製品ライフサイクル全体を網羅する究極のコストエンジニアリングで成功を導く

効率的なコストエンジニアリング
効率的なコストエンジニアリング

正確なコストエンジニアリングは、今日のまったく新しいモビリティの開発に関する収益性を大きく向上させます。自動車業界の製造企業は、新しいモビリティに関連する多額の開発費を、迅速かつ確実に、開発サイクルの初期段階で算出しなければなりません。より短いイノベーションサイクルにおいても、最高の利益を達成できる製品の開発が求められています。したがって、適切なコスト計算機能に支えられた、正確で効率的なコストエンジニアリング・アプローチは、プロジェクトの成否を左右する大きな要因です。

このウェビナーでは、コラボレーション型統合ソリューションを使用したコスト見積もりによって、コストエンジニアリングを成功に導く方法をご紹介しています。

学べる内容:

  • 製品や工具のコストを見積もり一体型ソリューションで、コストエンジニアリング・アプローチを支援する方法
  • グローバルなデータと自動化されたコスト計算プロセスによって、新製品開発の初期段階と既存製品の再エンジニアリングを支援する方法
  • 共通のコスト計算プラットフォームを使用することによって、
    - コストエンジニアリングのループや何段階にもわたる調整を減らし、市場投入期間を短縮させる方法
    - 関係者とデータをやり取りする仕組みを作り、共同プロジェクトやジョイントベンチャーにおいて、収益性の高い製品の共同開発を可能にする方法
    - 変更の追跡やバージョン管理を行い、チーム全体のコラボレーションやコミュニケーションを簡素化する方法
  • 将来的なコストを予測することによって、革新的な製品に高い確度で投資する方法

Eduardo Salva

ヨーロッパ・中東・アフリカ地域におけるTeamcenter製品コスト管理 (TcPCM) ポートフォリオ開発担当役員およびチームリーダー, Siemens Digital Industries Software

John Monica

John Monica

アメリカ地域におけるTeamcenter製品コスト管理 (TcPCM) ポートフォリオ開発担当役員, Siemens Digital Industries Software.