見積もりコスト計算は顧客との交渉にどう役立つか

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

自動車サプライヤーがTeamcenter Product Cost Managementを使って正確な見積もりコスト計算を行い、顧客との交渉を成功に導く方法を学びます。

世界の自動車業界は、複雑化、ライフサイクルの短期化、および新しい技術への対応を迫られ、品質に対する懸念の高まり、開発期間の短縮、そして何よりも、強い値下げ圧力が生まれています。自動車メーカー (OEM) は、購入部品の年間支出額を4~6%削減しようと努力しています。サプライヤーにとっては、価格設定の合理性を訴えるために、コストの透明性が強く求められているのです。サプライヤーが利益率を維持するためには、強力な製品コスト管理プログラムを導入することが欠かせません。このプレゼンテーションでは、コストの見積もりを作成、使用した見積もりコスト計算が、顧客交渉に有効だったシステムの事例を紹介します。

Teamcenter Product Cost Managementについて、以下を学びます。

  • 供給部品に関わるコストの根拠を顧客に示し、説得材料として活用する
  • 柔軟性があり、一元化されたコスト見積もりソリューション
  • 部品サプライヤーがすべてのコスト要因を把握する機会を得られる
  • 顧客に柔軟に合わせた形式で、コスト要因のレポートを作成する
  • 顧客とサプライヤーのコミュニケーションを強化する
  • 価格や利益だけではなく、コストに焦点を当てて交渉する

講演者:

  • John Monica - シーメンスPLMソフトウェア 社内ビジネスコンサルタント
  • Adam Hornbuckle -シーメンスPLMソフトウェア ソリューションズ・アーキテクト、