本文へ移動

MBSEデジタルスレッドのE/Eアーキテクチャ

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

複雑な車両機能の探索、設計、検証、妥当性確認、認証に対応する、実証済みの包括的なE/E設計フローの詳細をご覧ください。

自動化および電化レベルの上昇が今日の自動車/航空電子機器産業を牽引しています。新しい機能を実装すると、複雑さとハードウェア/ソフトウェア/相互接続/データレートが大幅に増加することがわかっています。こうした課題に対処するには、ホモロゲーションや認証に必要な文書と証拠を提供する手段とともに、モデルベースシステムエンジニアリング (MBSE) の原則に基づく合理的な新手法が必要になります。シーメンスの提供するソリューション、Capital Systems、Teamcenter System Modeling Workbenchの高度なマルチドメインシステムモデルを統合すると、単一の合理的な手法で、複数の異なるドメインを最適化できます。このプレゼンテーションでは、開発に関連するすべてのドメインにまたがって、複雑な車両機能を探索、設計、検証、妥当性確認、認証する、実証済みの包括的なE/E設計フローを紹介しています。

学べる内容:

  • 実証済みのE/E設計フローを使用して、複雑な車両機能を容易に探索、設計、検証、妥当性確認、認証する方法
  • 単一の合理的な手法で、複数の異なるE/Eドメインを最適化する方法
  • 高度なマルチドメインシステムのモデルをCapital Systemsに統合する方法

受講対象者:

  • E/Eシステムアーキテクト
  • E/E部門マネージャー
  • E/Eエンジニアリングディレクター
ご質問はありますか?