コンセプトの具現化: 製造におけるデジタル・ツイン

オンデマンド・ウェビナー | 25 分

製造におけるデジタル・ツインはもはやバズワードではありません。このウェビナーでは、製造機械を使用する製造にデジタル・ツインをどう適用するかをデモ形式で紹介します。

Digital_twin_in_manufacturing
Digital_twin_in_manufacturing

製造におけるデジタル・ツインは、インダストリー4.0テクノロジーとしても知られており、工場の相互接続された機械にインテリジェンスを提供することで、効率的に製造全体を調整・実行することができます。接続性の向上、計算能力、高度なマルチフィジックス・シミュレーションツール、IoT、および新たなレベルの自動化によって、製造における包括的なデジタル・ツインの実現が可能になったとはいえ、複合システムの複雑な性質、一貫したフレームワークの欠如、物理的ドメインとデジタルドメイン間の正確なレベルの統合、データ交換、およびある程度のテクノロジーの成熟度のために、企業は依然として苦戦しています。

このウェビナーでは、シーメンスファクトリーオートメーションの専門家が、製造におけるデジタル・ツインを実現するための包括的なアプローチについて説明します。ピアツェンツァにあるTechnology Application Center (TAC) の実例を挙げて、機械メンテナンスのための拡張現実に合わせたコンポーネントのサイジングを目的としたシステムエンジニアリングから、今日起きているデジタル・ディスラプションのあらゆる側面を取り上げます。

製造におけるデジタル・ツインのウェビナーにぜひご参加ください。このウェビナーでは、以下について説明します。

  • 各プロセス産業におけるデジタルトランスフォーメーションを採用するための段階的な手順
  • 拡張現実を使用して機械のパフォーマンスをリアルタイムで監視できる最も包括的なデジタル・ツインの実例
  • シミュレーション、テストおよびIoTを使用して、仮想世界と現実世界、ハードウェアとソフトウェア、設計と製造を融合させ、新たな知見と独自の機会を引き出す方法
  • 低周波・高周波電磁気モデリングの実施とインダストリー4.0時代におけるEMC / EMIの問題の評価
  • パフォーマンス、信頼性、安全性および効率性に対するより厳格な目標の達成