高速で効果的なサーマルソーク・シミュレーションの実現

オンデマンド・ウェビナー

車両の性能評価にデジタル・プロトタイプ・プロセスを用いることで、車両設計にかかる時間とコストを削減

高速で効果的なサーマルソーク・シミュレーションの実現
高速で効果的なサーマルソーク・シミュレーションの実現

現在そして将来の環境規制は、さらに環境に優しく安全な車両の製造を自動車メーカーに促すだけでなく、競争にも拍車をかけています。このような課題が、顧客中心の選択肢にさらに関心を向けるという市場の需要と結び付くことで、よりロバストな車両の製造を確実にするという課題になります。OEMでは、すべての設計要件を確実に達成しつつ、バリエーションの増加に対応するために、デジタル設計プロセスに目を向けています。

このウェビナーでは、ダイムラー社の元サーマル担当マネージャーから話を伺い、ダイムラー社がどのようにデジタル・プロトタイプ・プロセスを構築してあらゆる設計のニーズに対応しているかについても取り上げます。最初にプロトタイプを製作してから設計の確認および検証に注力することで、開発の時間と費用の両方を節約します。

これによって空気力学および熱管理のワークフロー例や、厳しい運転条件 (アイドリング / ソーク・シミュレーションから、より長く複雑なドライブサイクルまで) でプロセスの自動化が予測的な熱保護を実現する手法が提供されます。