工場のデジタル・ツインの活用法

オンデマンド・ウェビナー | 26 分

生産量の増加、コミュニケーションの活性化。

工場を計画していくうえで様々な課題が出てきますが、その原因となるのは、対象が巨大であるということです。そのため、一部分だけを切り出して数字のみでの議論となり、全体が把握できないまま計画が進んでしまいます。この工場をデジタルで表現することで、ライン稼働の見える化、生産量増加への改善、コミュニケーションの活性化といったメリットが生まれます。

本セッションでは工場をデジタルで表現し、どのように活用できるかをご紹介します。