持続可能な未来のデジタル船舶設計

オンデマンド・ウェビナー | 59 分

デジタライゼーションによって船舶設計の持続可能性目標を達成する方法を学びます。

環境規制が厳格化し、社会の期待が高まるなか、設計者から造船所、船主に至る海洋産業は、燃料効率を改善して排出量を削減する新たな手法を見つける必要性に迫られています。従来の設計ツールから、最先端のデジタル手法 (ジェネレーティブ・デザイン、インテリジェント設計探索/最適化など) へと移行することで、造船技師は従来の設計制約から解放されるため、イノベーションを進めて性能を最大化させながら持続可能性の目標も達成することができます。ケーススタディでは、最新のプロセス自動化、シミュレーション、設計領域探索を使って海洋補給船の船体設計を素早く最適化する方法を紹介します。