デジタル部品製造 (DPP) ソリューションを活用して部品の精度を極める

オンデマンド・ウェビナー | 35 分

機械メーカーの製造現場管理能力を向上させるデジタライゼーション技術

機械メーカーの製造現場管理能力を向上させるデジタライゼーション技術

OEMメーカーとそのサプライチェーン・パートナーは、産業機械の部品やコンポーネントの製造を担っています。両者にとって、製造現場の機能は非常に重要です。許容誤差や精度の厳しい要件を満たしつつ、信頼性と品質の高い部品を迅速に構築し、より大きな機械へと統合する必要があります。これらすべてと平行して、生産能力を最大化しなければなりません。

機械および部品製造の課題

どの程度のデジタル化であれ、紙とペンを使う方法よりは良いに決まっています。ただし、目まぐるしく変化し、多くのプレッシャーがかかる今日の製造環境には、部門ごとに異なるばらばらのツールを使用する方法は通用しません。このような縦割りの方法では、絶えず変化する顧客要件や許容度に迅速かつコスト効率良く対応し、イノベーションを進めることはできないからです。また、こうしたプロセスは柔軟性に欠け、時間がかかるため、高度な技術を駆使してイノベーションと差別化を進め、コスト競争力や品質を向上し、市場投入期間を短縮するグローバルな低コスト・プロバイダーと競うことができません。

製造現場の自動化を実現するデジタライゼーション技術

機械メーカーが成功するためには、デジタルプロセスと物理プロセスを完全に融合させる必要があります。また、継続的なデジタル・コミュニケーションとフィードバックループを構築し、部品設計に加えた変更が製造プロセス全体にどのような影響を及ぼすかを把握できなければなりません。

このウェビナーで、デジタル部品製造 (DPP) ソリューションの価値を詳細に検証し、以下の3つの重要な差別化要因について考察します。

  • 高度に自動化されたCAM - 実績あるデータを簡単に再利用してプログラミングを自動化し、加工プロセスを最適化することで一貫した結果をもたらし、品質の向上と市場投入期間の短縮につなげます。
  • 部品製造同期化 (Synchronized Part Manufacturing) - 1つの統合システムを使って部品を設計、シミュレーション、加工することで、製造現場の運用効率を向上させます。
  • アディティブ・マニュファクチャリング - 従来の製造法では実現が困難または不可能だった複雑なジオメトリを作成します。このような複雑なジオメトリは、従来の方法よりも強度が高い軽量部品の製造を可能にします。

機械のデジタル部品製造に関するウェビナーの講演者紹介

Frans Adamowicz

産業機械向けソリューション・ディレクター , Siemens Digital Industries Software

産業機械 / 重機産業向けソリューション担当ディレクターのFrans Adamowiczは、業界のリーダーをサポートし、戦略的イニシアティブ、ソリューション、グローバル事業開発を支援する責務を担っています。産業機械業界のリーダーと緊密に連携しながら主要な取り組みを定め、ソリューションを開発し、この業界が直面している新たな課題へのソート・リーダーシップを提供しています。

Bill Butcher

シニア・マーケティング・マネージャー, Siemens Industrial Machinery and Heavy Equipment Industry

現在は、シーメンスの産業機械 / 重機業界担当のシニア・マーケティング・マネージャーとして、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのポートフォリオの価値を伝えるキャンペーン戦略や、Go-to-Marketメッセージ、デジタル・インバウンド・コンテンツなど、戦略的マーケティングコンテンツの提供を担当しています。