生産率と反復性の高いスマート機械を作り上げる

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

産業機械のデジタライゼーション戦略の鍵は次世代設計にあります。

次世代の手法で設計したスマートマシンを操作するエンジニア
次世代の手法で設計したスマートマシンを操作するエンジニア

デジタライゼーションは、大量生産から大量在庫、高度な標準化、「ロットサイズ1」製造など、製造を進化させ、品質を損なうことなく、従来の手法よりもコストを改善します。カスタマイズを求める顧客ニーズに応えるには、電子制御技術と機械制御技術を統合したよりスマートな機械が必要です。そのためには、次世代設計手法が欠かせません。

生産率と反復性の高いスマート機械を作り上げる

生産率の高い機械を開発するにはどうすべきかといった疑問に答えるには、次世代設計についてのこのウェビナーを視聴してください。このウェビナーは、マルチドメイン連携、機械シミュレーション、マネージド環境がもたらす複雑性をいかに管理し、機械のデジタライゼーションで生産性をどう向上するかを説明します。

  • 成約率の増加
  • 保証コストの削減
  • ショップフロアの試運転時間の短縮
  • 製造効率の向上
  • 部品コストの削減
  • サービス収益の向上

機械の設計と開発を最適化する適切なツール

このオンデマンドウェビナーは次の内容を取り上げます。

  • 次世代マシンの設計・開発の概要、ならびに機械設計・開発プロセスを最適化する方法
  • マルチドメイン連携、機械シミュレーション、マネージド環境、バーチャル・コミッショニングによって、複雑化を管理する方法
  • また、次世代設計手法を通じて主要な技術性能指標を改善した顧客の事例を紹介するとともに、迅速な導入方法についても紹介します。