本文へ移動

EV急速充電器の設計と統合の課題に対応する

オンデマンド・ウェビナー | 56 分

EV急速充電器の設計と最適化

EV急速充電器の設計を最適化する

電気自動車での航続距離の不安を解消するため、充電時間の短縮は、高エネルギー密度のバッテリーパックの導入と同じくらい重要です。この数年間で、自動車OEMおよびインフラ提供企業は、バッテリーの80%を15~30分で再充電可能な150kW~350kWの急速充電器の開発と導入にますます力を入れるようになりました。目標の充電時間を実際に達成できるような堅牢な急速充電システムの開発には、高電力密度のパワーエレクトロニクスや、液冷式のケーブルとコネクター、車両の熱管理システム最適化、そして車両に搭載された蓄電システムと急速充電器との統合まで、多くの課題に対応することが不可欠です。

このウェビナーでは、EV急速充電器の設計と統合の課題に対応するために、革新的なシミュレーションとテストのソリューションを活用した企業の事例をご紹介します。

次の方法を学びます。

  • 電子 / 電気 / 熱の統合シミュレーションを、コンポーネントからシステムレベルまで活用し、急速充電器のハードウェア設計と統合のためのイノベーションを見つけ出す方法
  • デジタル・ツインの価値を引き出すことによって、半導体およびコネクターのサプライヤーや、インフラ提供企業の事業課題に対応する方法
  • シミュレーションとテストによってEV急速充電器の設計を最適化する
Chris Watson

Chris Watson

Simcenter FLOEFD製品のテクニカルマネージャー, Siemens Digital Industries Software

Chrisは、シーメンス傘下のメンターで、メカニカル・アナリシス部のFLOEFD製品担当テクニカルマネージャーを務めています。北米におけるメンターのFLOEFD製品ラインの技術的な責任者です。

Thomas Desbarats

Thomas Desbarats

エネルギー管理と熱利用, Siemens Digital Industries Software

Thomasはフランスで熱利用事業の開発に従事しています。フランスの1Dアプリケーションエンジニアチームのマネージャーを5年間務め、地域、鉄道、および自動車の市場を担当してきました。