本文へ移動

低温噴霧 / 液滴分散シミュレーションでLNGプラントの安全性を向上

オンデマンド・ウェビナー | 48 分

低温噴霧分散シミュレーションでLNGプラントの安全性を確保したAtkinsとシーメンスの事例

Atkinsはどのようにデジタル・ツインモデルを使用して漏れの挙動を理解し、LNGプラントの安全性を確保したのか:

世界が低炭素化へと舵を切るなか、エネルギー供給バランスの観点から天然ガスの重要性が高まっています。液化天然ガス (LNG) は、長距離輸送に適したエネルギーであるものの、液化処理には低温冷却が必要であるため、LNGプラントの安全性を保障するという新たな設計 / 安全課題が浮上しています。

このプレゼンテーションでは、新設計案の探索にデジタル・ツインモデルを活用して、低温流体の伝播と構造物破損のリスクを減らし、液体収集戦略の効率を検証したAtkins Engineering and Consultingの事例を紹介します。

学べる内容:

  • CFDシミュレーションを活用して低温放射現象を詳しく理解する方法
  • 設計判断に必要なデータを特定して取得、処理する方法

LNGプラントの安全性を確保することの重要性:

プラント所有者、操業事業者、技術 / 建設サービス組織は、正確なデジタル・ツインを活用して石油 / ガスシステムを設計し、エネルギー / ユーティリティ資産の完全性と労働者の安全を確保することができます。シミュレーションベースの手法を実装して、コストのかかるLNGプラントの安全不履行を回避する方法を学びましょう。

LNG安全の専門家、Ian Cowan博士に聞く:

Atkinsの石油 / ガス、エンジニアリング&コンサルティング、技術ディレクターであるIan Cowan博士は、流体力学の技術的権威であり、高度な結果モデリングとCFDを専門としています。Cowan博士は、石油、ガス、電力、その他の業界のプロジェクトで25年の経験があります。コンセプトレベルから詳細設計までの幅広いプロジェクト (陸上 / 洋上LNGプラントの安全プロジェクトを含む) に取り組んできました。

主な利点: 石油 / ガスシミュレーションソフトウェは、LNGプラントの安全性改善をどのようにサポートするのか:

流体の混合物とその相を理解して、シミュレーションの仮定を定義する支援をします。適切なソフトウェアを使用してこれらの仮定がすべて十分に考慮されたものであることを確認します。Atkinsは、Simcenter STAR-CCM+のCFD機能を使用して適切な複雑度を特定し、現実をモデル化しました。Simcenterは、低温プロセスの漏れを調査できる強力なツールです。幅広いモデルを使用して漏れの挙動を理解し、LNGプラントの設計を改善できます。