購入部品とツールのコストエンジニアリング

オンデマンド・ウェビナー

このウェビナーは、購入価格分析機能を使い、製品のコスト構造と製造プロセスに関する詳細な知見を得て、コストエンジニアリングの中で製品とツールのコストを管理する方法を30分以内で紹介します。ぜひご参加ください。 無料ウェビナーの内容

開発期間と製品ライフサイクルの短縮によって、調達部門にはより迅速で、的確な判断が求められています。そのため、持続可能なコスト削減を実現するコストエンジニアリング・アプローチをごく早い段階から導入することが重要です。それにより、新製品の開発プロジェクトや既存製品の再エンジニアリングプロジェクトに調達部門が関与できます。また、製品やプロジェクトのコスト状況に透明性がもたらされ、ベンチマークやベストプラクティスの比較が行われます。

このウェビナーは、コストエンジニアリングの中で購入価格分析機能を使い、製品のコスト構造と製造プロセスに関する詳細な知見を得て、製品とツールのコストを管理する方法を30分で紹介します。ぜひご参加ください。

無料ウェビナーの内容

  • 購買におけるコストエンジニアリングの必要性
  • 高度なナレッジベースのコストエンジニアリング
  • 職務横断型コラボレーションが成功への鍵
  • 統合型コスト管理によるコストエンジニアリングの利点

対象者:

このウェビナーは、購買、コストエンジニアリング、商品およびプログラム管理、バリューエンジニアリング、およびツーリングのスペシャリストや管理職を対象にしています。

ぜひフォームにご記入の上、オンデマンドウェビナーをご覧ください。