本文へ移動

仮想キャリブレーションによる制御の妥当性確認の前倒し

オンデマンド・ウェビナー

モデルベース開発を実施し、制御エンジニアリングを合理化

制御の仮想キャリブレーション・システム・シミュレーション

環境や安全性に関する規制によって、自動車産業のエンジニアリングプロセスがあらゆる領域で姿を変えているのは、周知の事実です。制御エンジニアリングも例外ではありません。規制の要件への対応が可能になる、複雑なテクノロジーの導入で、制御と組み込みソフトウェアの複雑さのレベルが影響を受けています。この10年でソフトウェアのコード量が大幅に増大しました。ハイブリッド車、電気自動車、および自動運転車の増加が、この著しい増大を引き起こしています。パラメーターの組み合わせが爆発的に増加した結果、物理的妥当性確認やテストによって、相反するキャリブレーションの要件や属性を管理することは、コスト面でも時間的にも持続可能ではなくなっています。新しい手法が不可欠です。そして、仮想キャリブレーションを含むモデルベース開発が、主要な成功要因になりつつあります。

このウェビナーでは、システム・シミュレーションを使って制御のキャリブレーションをスピードアップした適用例を紹介します。また、弊社のエキスパートが次の内容を説明します。 

  • リアルタイム互換モデルを活用して、MiL、SiL、HiL、および制御の妥当性確認にシステム・シミュレーションをうまく使っている事例
  • キャリブレーションと妥当性確認モデルの要件の違い
  • 仮想キャリブレーションとキャリブレーションの課題の違いに対応するために、マルチレベルのモデリング手法が理想的である理由 
  • 制御開発プロセスのさまざまな段階でキャリブレーションの成果を前倒しし、開発後期でのリスクを低減させる方法