一連のシミュレーション・ツールを統合することにより、管理における協力体制の構築と組み込みソフトウェア開発を促進する

オンデマンド・ウェビナー | 35 分

一連のシミュレーション・ツールを統合することにより、協力した管理体制が構築でき、組み込みソフトウェア開発が促進されます。

統合シミュレーションツールチェーンを使った、制御および組込みソフトウェアの連携開発についてのウェビナーに参加
統合シミュレーションツールチェーンを使った、制御および組込みソフトウェアの連携開発についてのウェビナーに参加

車両の電化、自動運転、アクティブ・セーフティー・システムの出現に伴う複雑化によって、モデルベースの組み込みソフトウェア開発の採用は、プロセスと組織のデジタル・トランスフォーメーションの実現に不可欠なものとなりました。モデルを使うことで、複雑なエンジニアリング・プロジェクトに関わる異なる部門のさまざまなメンバーの関係を明確化できます。

モデルを取り決め事項として使用することで、組み込みソフトウェア開発における実装作業の外注が可能になり、OEMがV字サイクルの上部、つまり要件エンジニアリング、設計、統合、検証とリリースに集中できるようになるとともに、アプリケーション・ライフサイクル管理 (ALM) のばらつきを管理できます。

この45分のオンデマンド・ウェビナーでは、シーメンスのシミュレーション・ソリューションを使用することで、ソフトウェア・エンジニアリング部門が実現できる以下のようなポイントを、組み込みソフトウェア開発の専門家がご紹介します。

  • デジタル・ツインを活用してソフトウェア開発コストと時間を大幅に削減
  • モデル管理や組み込みソフトウェアに対するデジタル・ツインとして、ソフトウェア・アーキテクチャー・モデルの作成
  • テストと検証を前倒しして、ソフトウェア領域、電子領域、機械領域間を連携