コンシューマー製品の電気領域と機械領域にコンカレント・エンジニアリングを取り入れて、設計の反復作業を削減

オンデマンド・ウェビナー | 35 分

オンデマンド・ウェビナー: エレクトロニクスのイノベーションの障壁を取り払う

コンシューマー製品の設計

複雑なエレクトロニクスを使用したコンシューマー製品を設計するには、電気設計チームと機械設計チームの緊密なコラボレーションが必要です。前例のない設計サイクルの高速化に直面しているエレクトロニクス・メーカーは、設計のイノベーション、バリエーション、複雑さを効果的に管理しなければなりません。ある分野が行った変更は、他の分野の設計に大きな影響を与える可能性があるからです。分野間で共有できる「信頼できる唯一の情報源」がないと、エンジニアのストレスとなり、設計反復作業の繰り返しやコストの増加、生産遅延が生じます。エレクトロニクス・メーカーは、モデルベースのシステム・エンジニアリング戦略を活用して反復作業を減らし、市場投入期間を短縮するコンカレント・エンジニアリングを実行する必要があります。このオンデマンド・ウェビナーで、 コラボレーション型の設計ワークフローを導入する方法を学びましょう。

スマート・コネクテッド・エレクトロニクスには、革新的な「電気と機械のコラボレーション型設計」が必要です。

携帯電話から自動運転車まで、私たちの日常生活にあるエレクトロニクス・デバイスはネットワークへの接続が進み、ますますインテリジェントになっています。製品が接続されてスマートになり、適応性が高くなることは素晴らしいことですが、メーカーは、非常に複雑な電気機械設計を管理するという課題に直面します。従来のツールや手法、プロセスでは、複数のソフトウェアツールの連携や加速が阻害され、製品チーム間の一層の分断が進む傾向があります。

「信頼できる唯一の情報源」やデータ・リポジトリがないと、チームは最新の設計の状態を可視化できず、タイムリーな改善や変更を行うことが困難です。設計プロセスが分断されていると、エンジニアが調整を行っても、最新版では機能しない可能性があります。そうなると、やり直しで時間が失われ、製品の発売日を逃すことにもなりかねません。

モデルベース・システム・エンジニアリング(MBSE)でエレクトロニクス・メーカーの戦略を成功させる

従来の設計プロセスを、モデルベース・システム・エンジニアリング戦略を使用するコンカレント設計ワークフローへと転換すれば、チームは最新の情報にアクセスして、ベースとなる関係性についての知見を取得できます。

エレクトロニクス・メーカーは、概念設計から生産終了までのサイクルの各段階でシステム関係性モデルを活用し、要件、設計、解析、検証、妥当性確認のトレーサビリティを確立できます。この結果、最新のデータ・リポジトリへの常時アクセスをすべてのエンジニアに提供します。

従来の設計プロセスで発生していた障害を取り除き、今日の製品の複雑さを克服して要件を管理することで、エンジニアはプロセスではなく製品設計に集中することができます。

概念設計から製造まで: コンシューマー製品を設計するための効果的なコラボレーションを実現

最新の設計、情報、製品関連データにチーム全員がいつでも容易にアクセスこのオンデマンド・ウェビナーを視聴して、コンシューマー・エレクトロニクス製品を設計する際のコンカレント・エンジニアリングについて学びましょう。

User event | Registration now open!

Realize LIVE: Join the transformation

Realize LIVE 2022 – Registration Now Open!

Realize LIVE returns in person in 2022, uniting the Siemens global user community around a common mission: To co-create a better world.

Join 3,500+ of your peers to advance innovation, engineer the circular economy, and drive change that’s as sustainable as it is profitable.